{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:202002255987174300   整理番号:20A1506510

タンジブルインタラクションによる形状変化のプログラミングのためのモルフィオ完全ソフトセンシングとアクチュエーションモジュール【JST・京大機械翻訳】

MorphIO Entirely Soft Sensing and Actuation Modules for Programming Shape Changes through Tangible Interaction
著者 (6件):
資料名:
号: DIS ’19  ページ: 975-986  発行年: 2019年
JST資料番号: D0698C  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ソフトロボットと形状変化インタフェイスの実証によるプログラミングのためのMorphIO,完全ソフトセンシングと作動モジュールを導入した。MorphIOのハードウェアは導電性スポンジセンサを含むソフト空気圧アクチュエータから成る。これは,ソフト材料の三次元変形の入力と出力の両方を可能にする。この能力の悪化により,MorphIOはプログラマブル形状変化材料の物理的動きを記録,後で再生することを可能にする。さらに,MorphIOユニットのモジュール設計は,ユーザーが磁気接続を通して様々な形状およびトポロジーを構築することを可能にする。著者らは,いくつかの応用シナリオ,すなわち,タンジブル特性アニメーション,ソフトロボットの移動実験,およびアニメーションソフトオブジェクトのためのプロトタイピングツールを含む。6人の参加者によるユーザ研究は,既存のプログラミングパラダイムと比較して,MorphIOの利点を確認した。Please refer to this article’s citation page on the publisher website for specific rights information. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
ロボットの設計・製造・構造要素  ,  人間機械系  ,  計算機システム開発 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る