{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:202002260291876505   整理番号:20A1306548

日本の中長期温室効果ガス排出削減シナリオのモデル分析

著者 (1件):
資料名:
巻: 34  号:ページ: 11-14  発行年: 2020年06月10日
JST資料番号: L0092A  ISSN: 0913-7025  CODEN: KAKKEQ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
・日本の温室効果ガス排出削減目標設定経緯と,京大等が開発したアジア太平洋統合評価モデル(AIM)を用いた日本の削減シナリオの評価を紹介。
・日本の中期削減目標の提示は京都議定書に関連した6%削減提示に始まり,それ以降色々な決定が続くが,国別排出量削減(NDC)では2030年における26%削減が存続。
・本研究では5シナリオを設定し,2050年までの評価を行ったが,無原子力シナリオでも80%減を達成。
・IPCCでは政策検討での活用を目指して今後国・地域シナリオにも焦点を当てることが見込まれ,そのための研究透明性を高めるシナリオデータの公開が進行中であり,モデルのさらなる高度化が重要。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
オペレーションズリサーチ一般  ,  環境問題  ,  大気汚染一般 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る