{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:202002266589278342   整理番号:20A0026725

潰瘍性大腸炎患者からの腸由来Enterococcus faeciumは遺伝的感受性マウス宿主における大腸炎を促進する【JST・京大機械翻訳】

Gut-derived Enterococcus faecium from ulcerative colitis patients promotes colitis in a genetically susceptible mouse host
著者 (15件):
資料名:
巻: 20  号:ページ: 1-18  発行年: 2019年
JST資料番号: U7384A  ISSN: 1474-760X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
最近のメタゲノム解析は,潰瘍性大腸炎(UC)患者の腸内微生物相の異常症を明らかにした。しかし,この代謝異常の影響は,特に株レベルでは完全には理解されていない。13人の健康なドナーと16人のUCと8人のクローン病(CD)患者から糞便DNA抽出物の全ゲノムショットガン配列を行った。UCとCD患者の微生物相は分類学的および機能的に健康なドナーのものと異なり,E.faeciumは2つの微生物群集間の最も異なる豊富な種である。UCまたはCD患者からIL10-/-マウスへの糞便の移植は,マウス結腸における病理学的炎症およびサイトカイン発現を促進するが,UCとCDの間には異なるサイトカイン発現プロファイルが観察される。健康なドナー由来の分離株と異なり,UC患者の糞便からのE.faecium分離株は,E.faecium株ATCC19434と共に,大腸炎および結腸サイトカイン発現を促進する。ATCC19434およびUC由来株を含む炎症性E.faecium株は,全ゲノムショットガン配列解析に基づく市販のプロバイオティック株とは別々にクラスターを形成する。糞便試料中のE.faeciumの存在は,UC患者における多数の薬物療法の必要性と大きな疾患の程度に関連している。UC患者由来のE.faecium株は大腸炎を引き起こす炎症性遺伝子型を示す。Copyright 2020 The Author(s) All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
遺伝子発現 
引用文献 (59件):
  • Nature; The microbiota in adaptive immune homeostasis and disease; K Honda, DR Littman; 535; 2016; 75-84; 10.1038/nature18848; citation_id=CR1
  • Nat Rev Gastroenterol Hepatol; Gut microbiota and IBD: causation or correlation?; J Ni, GD Wu, L Albenberg, VT Tomov; 14; 2017; 573-584; 10.1038/nrgastro.2017.88; citation_id=CR2
  • Genome Biol; Dysfunction of the intestinal microbiome in inflammatory bowel disease and treatment; XC Morgan, TL Tickle, H Sokol, D Gevers, KL Devaney, DV Ward, JA Reyes, SA Shah, N LeLeiko, SB Snapper; 13; 2012; R79; 10.1186/gb-2012-13-9-r79; citation_id=CR3
  • Cell Host Microbe; The treatment-naive microbiome in new-onset Crohn’s disease; D Gevers, S Kugathasan, LA Denson, Y Vazquez-Baeza, W Treuren, B Ren, E Schwager, D Knights, SJ Song, M Yassour; 15; 2014; 382-392; 10.1016/j.chom.2014.02.005; citation_id=CR4
  • Cell Host Microbe; Inflammation, antibiotics, and diet as environmental stressors of the gut microbiome in pediatric Crohn's disease; JD Lewis, EZ Chen, RN Baldassano, AR Otley, AM Griffiths, D Lee, K Bittinger, A Bailey, ES Friedman, C Hoffmann; 22; 2017; 247; 10.1016/j.chom.2017.07.011; citation_id=CR5
もっと見る

前のページに戻る