{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:202002272967401752   整理番号:20A1312014

温熱環境・学習効率・精神負荷の関係

Relationship between Thermal Environment, Learning Efficiency, and Mental Workload
著者 (7件):
資料名:
巻: 2019  ページ: ROMBUNNO.4D1-5  発行年: 2019年08月26日
JST資料番号: Z0307C  ISSN: 1345-0794  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
近年,学校や職場等での省エネルギー設定が推奨されているが,この設定下での作業効率は十分考慮されていない。本研究では主観,行動,生理の三側面から室温と作業効率の関係を検討した。実験の結果,18°Cから29°Cまでの全ての室温条件で作業の経過に伴う作業効率の向上がみられた。しかし,作業効率が向上しても主観的な精神負荷は増大し,熱環境(25,29°C)では生理的な精神負荷も増大した。本研究から作業成果に加え,作業従事者の精神負荷を考慮した作業環境の必要性が示された。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
人間機械系  ,  建築環境一般 
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る