{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年04月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:202002284414623939   整理番号:20A1614506

方向性重みづけによるカーネル内挿に基づく空間アクティブ騒音制御【JST・京大機械翻訳】

Spatial Active Noise Control Based on Kernel Interpolation with Directional Weighting
著者 (4件):
資料名:
巻: 2020  号: ICASSP  ページ: 8404-8408  発行年: 2020年
JST資料番号: W2441A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
一次雑音源の近似方向に関する事前情報を考慮した空間アクティブ雑音制御(ANC)法を提案した。ANCは,二次スピーカを用いて入力一次雑音を消去することを目的とする。従来の多点ANCは,多重離散制御点間の雑音の低減を保証しない。したがって,いくつかの試みが,空間ANCによって,全体のターゲット領域にわたるノイズを減らすためになされてきた。著者らは最近,分散マイクロホンとスピーカを用いた音場補間のためのカーネルリッジ回帰に基づく空間ANC法を提案し,そこでは,コスト関数をカーネル補間によって得られる地域電力に基づいて定式化した。本研究では,方向重みづけによるカーネル補間に基づく空間ANCへの雑音源方向に関する事前知識を組み込んだ。数値シミュレーション結果は,提案方法がノイズ源方向に関する情報のない方法より,より大きな地域雑音低減を達成できることを示した。Copyright 2020 The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
図形・画像処理一般 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る