{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:202002287212243630   整理番号:20A1059946

in situにおける子宮内腺癌の下位分類のためのCLDN18,CDH17およびPAX8を用いた免疫表現型分析:胃型,腸型,胃腸型およびMuellerian型【JST・京大機械翻訳】

Immunophenotype analysis using CLDN18, CDH17, and PAX8 for the subcategorization of endocervical adenocarcinomas in situ: gastric-type, intestinal-type, gastrointestinal-type, and Muellerian-type
著者 (10件):
資料名:
巻: 476  号:ページ: 499-510  発行年: 2020年
JST資料番号: W0856A  ISSN: 0945-6317  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
最近,高リスクヒト乳頭腫ウイルス(HPV)検出に焦点を当てた侵襲性子宮頚部腺癌(ECA)の分類システムが開発されている。しかしながら,それぞれのECAサブタイプの前駆体病変および胃および腸分化を伴うECAsを効果的に細分化する免疫組織化学的マーカーは,完全には記述されていない。ここでは,免疫表現型により子宮頚部腺癌をin situ(AIS)に細分化し,各AISサブタイプの病理組織を特性化することを目的とした。著者らは,3つの細胞系列特異的マーカー(CLDN18,胃上皮細胞;CDH17,腸上皮細胞,およびPAX8,ミュラー上皮細胞)を用いて,36のAISおよび25の小葉内頚部腺過形成(LEGH)サンプルを免疫組織化学的に分析した。AISsは免疫表現型(G-AIS;n=2),腸型(I-AIS;n=10),胃腸型(GI-AIS;n=3),Muellerian型(M-AIS;n=18),およびAIS,その他は特定されなかった(AI-NOS;n=3)。すべての25のLEGHは,胃型と分類された。G-AISは,少量の先端ムチンとより少ない有糸分裂体を有する淡い好酸性または明確な細胞質を有していた。I-AISは様々な数の杯細胞型腫瘍細胞から成っていた。GI-AISは,G-AISとI-AISの中間または混合特徴を示した。M-AISは典型的にムチン枯渇により特徴付けられた。しかし,いくつかの病変は豊富な細胞質ムチンを有した。高リスクHPVはほとんどのAISsで検出されたが,G-AISの100%(2/2),I-AISの10%(1/10),およびM-AIS病変の6%(1/18)で陰性であった。まとめると,免疫表現型により定義されたAISサブタイプは,異なる病理組織学的および病因的特徴を有していた。このように,CLDN18,CDH17およびPAX8による免疫表現型は,ECAsの組織病理学的分類の診断精度を改善する可能性がある。Copyright Springer-Verlag GmbH Germany, part of Springer Nature 2020 Translated from English into Japanese by JST.【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
消化器の腫よう  ,  腫ようの化学・生化学・病理学 

前のページに戻る