資源
J-GLOBAL ID:202010003410118823   研究資源コード:NBDC02275 更新日:2019年03月29日

eyeGENE: The National Ophthalmic Genotyping and Phenotyping Network: eyeGENE

eyeGENE: The National Ophthalmic Genotyping and Phenotyping Network: eyeGENE
保有機関:
  • NEI NIH
資源分類: データ・データベース
タグ【対象】 (1件): 健康/疾患
生物種 (1件): Homo sapiens (NCBI Taxonomy ID: 9606)
概要:
The National Ophthalmic Disease Genotyping and Phenotyping Network (eyeGENE)は米国国立衛生研究所(NIH:National Institute of Health)の一機関である国立眼病研究所(NEI:National Eye Institute)により設立されたゲノム医学イニシアチブです。視覚に関する研究コミュニティ全体に含まれる病院や研究所と連携しています。eyeGENE の主な使命は、希少な遺伝性眼疾患の原因とメカニズムの研究を促進し、治療への道筋を加速することです。eyeGENE は、この目標を達成するため、臨床診断および分子診断を次の情報への制限付きアクセスと組み合わせて利用できるように設計されています:データリポジトリ内の臨床情報および遺伝情報、バイオリポジトリ内のDNA、ならびに研究および臨床試験に参加することに同意した個人の情報。EyeGEN Network には現在、NEI のコーディネーティングセンター、CLIA の認定を受けた全国の分子遺伝研究所、患者レジストリ、アクセスが制限された DNA の集中的バイオリポジトリ、およびキュレーションされた匿名化遺伝子型/表現型データベースが含まれています。これらのコンポーネントは、遺伝学ベースの臨床ケアにおける患者と眼科分野の医療提供者の関心を高め、眼科研究への関与を生み、ひいてはこれらの疾患の研究と治療の開発を加速します。
作成機関: FAIRsharing
レコード管理者: See the corresponding part in the FAIRsharing record
本レコードの利用条件: Creative Commons Attribution and Share-alike (CC-BY-SA) International 4.0 license

前のページに戻る