資源
J-GLOBAL ID:202010013970139716   研究資源コード:NBDC02182 更新日:2019年03月29日

TissueNet v.2: TissueNet

TissueNet v.2: TissueNet
保有機関:
  • Ben-Gurion University of the Negev
資源分類: データ・データベース
タグ【対象】 (2件): タンパク質 ,  細胞/オルガネラ
タグ【データの種類】 (2件): 発現 ,  相互作用/パスウェイ
生物種 (1件): Homo sapiens (NCBI Taxonomy ID: 9606)
概要:
組織内のヒトタンパク質の分子相互作用を知ることは、その組織特異的な役割を同定し、組織表現型に光を当てるために重要です。しかし、多くのタンパク質-タンパク質相互作用 (PPI) 情報は、組織と関連づけられていません。TissueNet データベースは、実験的に同定された PPI を、双方のタンパク質を発現することが示されたヒトの組織と関連付けることによって、このギャップを埋めます。ユーザーはタンパク質と組織を選択し、クエリタンパク質とその組織関連 PPI をネットワークとして閲覧することができます。TissueNet v.2 は、以前 NAR で導入されていた TissueNet データベースの最新バージョンです。RNA 配列決定またはタンパク質ベースのアッセイによりプロファイリングされた 40 以上のヒト組織を収録しています。ユーザーは、好ましい発現データソースを選択し、組織との関係性を決定するための発現閾値をインタラクティブに設定することができます。TissueNet v.2 のアウトプットは、クエリタンパク質とその PPI の定性的および定量的特徴を明らかにします。組織特異性について見ることで、組織特異的および全身的に発現するタンパク質が明らかになり、定量的な視点で見ることで、選択された組織において他のすべての組織に対し差異的に発現するタンパク質が明らかになります。これらの視点を組み合わせることで、クエリタンパク質のユニークな機能とグローバルな機能を素早く評価することができます。以上のとおり、TissueNet v.2 は、組織全体にわたるヒトタンパク質の役割を研究するための、広範で定量的、かつユーザーフレンドリーなインターフェースを提供します。
作成機関: FAIRsharing
レコード管理者: See the corresponding part in the FAIRsharing record
本レコードの利用条件: Creative Commons Attribution and Share-alike (CC-BY-SA) International 4.0 license

前のページに戻る