研究者
J-GLOBAL ID:202101000158768031   更新日: 2020年12月28日

落合 修平

Ochiai Shuhei
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 日本文学
研究キーワード (2件): 日本近代文学 ,  芥川龍之介
論文 (6件):
  • 落合 修平. 〈意識的芸術活動〉説・再考 : 芥川龍之介の文芸観をめぐって. 文芸研究 : 明治大学文学部紀要. 2020. 140. 75-95
  • 落合 修平. 芥川龍之介晩期文芸観の研究 -「詩的精神」と「「話」らしい話のない小説」-. 博士学位論文(明治大学). 2019
  • 落合 修平. 「詩的精神」と「構成の原理」 : 芥川龍之介「蜃気楼」について. 芥川龍之介研究. 2018. 12. 73-86
  • 落合 修平. 芥川龍之介「年末の一日」について : 「筋のない小説」の感性と技巧. 文学研究論集. 2015. 43. 133-151
  • 落合 修平. 芥川龍之介「冬と手紙と」について : 最も善い意味での通俗小説. 文学研究論集. 2013. 39. 33-46
もっと見る
MISC (5件):
  • 落合 修平. 芥川龍之介「戯作三昧」と初期文芸観--特に成瀬正一訳『トルストイ』、和辻哲郎『ニイチエ研究』との関わりから--. 大正文学論叢. 2020. 3. 92-108
  • 落合 修平. 芥川龍之介「海のほとり」覚え書-「「話」らしい話のない小説」論のために-. 文学部・文学研究科 学術研究論集. 2016. 6. 13-27
  • 落合 修平. 芥川龍之介「羅生門」と「三つの窓」--初期と晩期の比較から見えるもの--. 大正文学論叢. 2016. 2. 57-73
  • 落合 修平. 「眼に見るやうな文章」について-芥川龍之介の文章観覚え書. 文学部・文学研究科 学術研究論集. 2014. 4. 11-26
  • 落合 修平. 芥川龍之介「鼻」について--僕の意識の中にある暗い眼--. 大正文学論叢. 2012. 1. 85-96
講演・口頭発表等 (2件):
  • 芥川龍之介の志賀直哉、葛西善蔵への評価をめぐって
    (国際芥川龍之介学会第12回中国大会 2017)
  • 《蜃気楼》を浮び上らせる--芥川龍之介における旋律と形象
    (日本近代文学会2015年度秋季大会 2015)
学歴 (3件):
  • 2012 - 2019 明治大学大学院 日本文学専攻 博士後期課程
  • 2010 - 2012 明治大学大学院 日本文学専攻 博士前期課程
  • 2006 - 2010 法政大学 日本文学科
学位 (1件):
  • 博士(文学) (明治大学)
経歴 (2件):
  • 2019/04 - 現在 明治大学文学部兼任講師
  • 2019/07 - 2020/03 独立行政法人 大学入試センター 試験問題特別研究員(国語)
委員歴 (2件):
  • 2016/04 - 現在 国際芥川龍之介学会 会務委員
  • 2016/04 - 2018/03 日本近代文学会 運営委員
所属学会 (3件):
日本文学協会 ,  日本近代文学会 ,  国際芥川龍之介学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る