研究者
J-GLOBAL ID:202101001793532229   更新日: 2021年03月23日

谷口 直樹

タニグチ ナオキ | Taniguchi Naoki
所属機関・部署:
論文 (14件):
  • 北山 彩水, 谷口 直樹, 三ツ井 誠一郎. 塩水環境下における緩衝材共存下での炭素鋼の電気化学的挙動. Materials and Corrosion. 2021. 72. 1-2. 211-217
  • 杉田 裕, 谷口 直樹, 牧野 仁史, 金丸 伸一郎*, 奥村 大成*. 使用済燃料直接処分での処分容器の耐圧厚さの検討. 日本原子力学会和文論文誌. 2020. 19. 3. 121-135
  • 谷口 直樹, 中山 雅. 各種環境での電気化学測定; 原子力II(地層処分)深部地下環境における炭素鋼の腐食モニタリング. 材料と環境. 2018. 67. 12. 487-494
  • 春名 匠*, 宮瀧 裕貴*, 廣畑 洋平*, 柴田 俊夫*, 谷口 直樹, 立川 博一*. 酸化剤含有NaOH水溶液中でFeに形成させたFe$_{3}$O$_{4}$皮膜中へのD$_{2}$Oの拡散浸透挙動. 材料と環境. 2018. 67. 9. 375-380
  • 春名 匠*, 山本 達也*, 宮入 洋志*, 柴田 俊夫*, 谷口 直樹, 坂巻 景子, 立川 博一*. 大気中でFeを高温酸化させた皮膜中へのD$_{2}$Oの拡散浸透挙動. 材料と環境. 2015. 64. 5. 201-206
もっと見る
MISC (71件):
  • 中山 雅, 雑賀 敦, 木村 駿, 望月 陽人, 青柳 和平, 大野 宏和, 宮川 和也, 武田 匡樹, 早野 明, 松岡 稔幸, et al. 幌延深地層研究計画における地下施設での調査研究段階; (第3段階: 必須の課題2015-2019年度)研究成果報告書. JAEA-Research 2019-013. 2020. 276
  • 谷口 直樹. 長期予測の視点から今後の腐食防食技術への期待. 材料と環境. 2016. 65. 9. 363-364
  • 湯川 卓司*, 井上 博之*, 小嶋 崇夫*, 岩瀬 彰宏*, 谷口 直樹, 立川 博一*. $\gamma$線照射下における高pH溶液中での純チタンの腐食挙動. 材料と環境2016講演集(CD-ROM). 2016. 359-362
  • 柴田 雅博, 澤田 淳, 舘 幸男, 牧野 仁史, 早野 明, 三ツ井 誠一郎, 谷口 直樹, 小田 治恵, 北村 暁, 大澤 英昭, et al. 概要調査段階における設計・性能評価手法の高度化; NUMO-JAEA共同研究報告書(2011年度)(共同研究). JAEA-Research 2012-032. 2012. 298
  • 藤田 朝雄, 谷口 直樹, 松井 裕哉, 棚井 憲治, 前川 恵輔, 澤田 淳, 牧野 仁史, 笹本 広, 吉川 英樹, 柴田 雅博, et al. 幌延深地層研究計画における地上からの調査研究段階(第1段階)研究成果報告書; 分冊「地層処分研究開発」. JAEA-Research 2011-001. 2011. 193
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る