研究者
J-GLOBAL ID:202101003339237657   更新日: 2021年03月23日

武内 伴照

タケウチ トモアキ | Takeuchi Tomoaki
所属機関・部署:
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 水中イメージセンサ通信に水の濁りが与える影響の研究
論文 (14件):
  • 広田 憲亮, 柴田 裕司, 武内 伴照, 大塚 紀彰, 土谷 邦彦. MIケーブルの電圧降下解析と漏れ抑制のための設計. Journal of Nuclear Science and Technology. 2020. 57. 12. 1276-1286
  • 中野 寛子, 広田 憲亮, 柴田 裕司, 武内 伴照, 土谷 邦彦. 過酷事故模擬環境下における高温型MIケーブル用シース材の高温酸化. Mechanical Engineering Journal (Internet). 2018. 5. 2. 17-00594\_1-17-00594\_12
  • 武内 伴照, 土谷 邦彦, 駒野目 裕久*, 三浦 邦明*, 石原 正博. 過酷事故環境における原子炉監視システムの開発. Proceedings of 2017 International Congress on Advances in Nuclear Power Plants (ICAPP 2017) (CD-ROM). 2017. 6
  • 武内 伴照, 中野 寛子, 上原 聡明, 土谷 邦彦. 高温高圧水環境における無機絶縁ケーブル被覆材の機械的特性に対する溶存酸素、水素、及び窒素の影響. Nuclear Materials and Energy (Internet). 2016. 9. 451-454
  • 武内 伴照, 柴田 裕司, 大塚 紀彰, 上原 聡明, 土谷 邦彦, 柴垣 太郎*, 駒野目 裕久*. LEDとフォトダイオードを用いた耐放射線性を有する水中無線伝送システムの開発. IEEE Transactions on Nuclear Science. 2016. 63. 5. 2698-2702
もっと見る
MISC (34件):
  • 関 美沙紀, 中野 寛子, 永田 寛, 大塚 薫, 大森 崇純, 武内 伴照, 井手 広史, 土谷 邦彦. JMTRの廃止措置に向けた難処理廃棄物の廃棄体化のための処理方法の開発; 炉内構造物と使用済イオン交換樹脂. デコミッショニング技報. 2020. 62. 9-19
  • 武内 伴照, 大塚 紀彰, 中野 寛子, 飯田 竜也*, 小沢 治*, 柴垣 太郎*, 駒野目 裕久*, 土谷 邦彦. 軽水炉における耐放射線性監視システムの開発. QST-M-16; QST Takasaki Annual Report 2017. 2019. 67
  • 大塚 紀彰, 武内 伴照, 土谷 邦彦, 柴垣 太郎*, 駒野目 裕久*. 過酷模擬環境下における水中無線伝送システムの評価. Proceedings of 2017 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference (NSS/MIC 2017) (Internet). 2018. 3
  • 武内 伴照, 大塚 紀彰, 渡辺 恭志*, 田中 茂雄*, 小沢 治*, 駒野目 裕久*, 上野 俊二*, 土谷 邦彦. 耐放射線性カメラシステムの開発. Proceedings of 2017 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference (NSS/MIC 2017) (Internet). 2018. 3
  • 渡辺 恭志*, 小澤 治*, 武内 伴照. 原子力発電所の廃炉技術最前線; 福島第一原発の廃止措置に向けた取り組み,4; 耐放射線性イメージセンサの開発. 電気学会誌. 2018. 138. 8. 529-534
もっと見る
特許 (15件):
  • PRODUCTION PROCESS OF FINE-GRAINED AUSTENITIC STAINLESS STEEL
  • オーステナイト系微細粒ステンレス鋼の製造方法
  • PRODUCTION PROCESS OF FINE-GRAINED AUSTENITIC STAINLESS STEEL
  • PRODUCTION PROCESS OF FINE-GRAINED AUSTENITIC STAINLESS STEEL
  • 光検出素子、固体撮像装置及びその駆動方法
もっと見る
講演・口頭発表等 (49件):
  • 軽水炉の過酷事故時用高温型無機絶縁ケーブルの研究開発
    (OECD/NEA Specialist Workshop on Advanced Measurement Method and Instrumentation for enhancing Severe Accident Management in an NPP addressing Emergency, Stabilization and Long-term Recovery Phases (SAMMI 2020))
  • PWR炉水条件の模擬環境下における316ステンレス鋼の機械的性質への溶存水素および酸素の影響
    (Nuclear Materials Conference 2018 (NuMat 2018))
  • 過酷事故模擬環境におけるPCV相当材の腐食特性
    (Nuclear Materials Conference 2018 (NuMat 2018))
  • ヨウ素ガスを含んだ過酷事故模擬環境における格納容器相当材の腐食特性
    (日本原子力学会2018年秋の大会)
  • 可視光信号を用いた水中無線伝送式監視システムの開発
    (日本原子力学会2018年春の年会)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る