研究者
J-GLOBAL ID:202101009314413858   更新日: 2021年04月27日

伊草 綾香

イグサ アヤカ | Igusa Ayaka
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 高齢者看護学、地域看護学
研究キーワード (5件): リカバリー ,  ライフマネジメント ,  Community Health Nursing ,  公衆衛生看護 ,  母子保健
論文 (4件):
  • 上原美子, 佐藤玲子, 関美雪, 服部真理子, 石﨑順子, 伊草綾香. 研修担当者のインタビュー調査からみえる新任養護教諭の力量. 子ども・教職研究. 2021. 4. 17-22
  • Seki M, Shibata A, Hattori M, Sato R, Uehara Y, Ishizaki J, Igusa A. Study of the capacity for stress management among fathers with infants and related factors. 2020. 30. 2. 126-132
  • Seki M, Hattori M, Shibata A, Ishizaki J, Igusa A. Study on Help-seeking Preferences of Mothers Raising Infants and Related Factor. 2020. 30. 2. 120-125
  • 石﨑順子, 大久保菜穂子, 髙木悦子, 伊草綾香, 関美雪, 服部真理子, 柴田亜希. 看護学生のヘルスリテラシーの実態とストレス対処能力との関連 (査読付). 子ども・教職研究. 2020. 3. 11-17
講演・口頭発表等 (17件):
  • 父親の出産前教育参加の実態とストレス対処との関係
    (第68回日本小児保健協会学術集会 2021)
  • 現代の働く母親に対する支援の一考察
    (第9回日本公衆衛生看護学会 2020)
  • 大学選択制保健師課程卒保健師の新任期における支援技術の獲得状況と影響要因
    (第9回日本公衆衛生看護学会 2020)
  • 乳幼児期の子どもを持つ父親の精神的健康と関連する要因
    (第67回日本小児保健協会学術集会 2020)
  • 第1子を妊娠している配偶者を対象にしたプレパパ教室の取り組みとその効果
    (第79回日本公衆衛生学会総会 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2020 - 現在 埼玉県立大学大学院 保健医療福祉学専攻
  • 2018 - 2020 埼玉県立大学大学院 保健医療福祉学専攻 博士前期課程 看護学専修
所属学会 (4件):
日本保健福祉学会会員 ,  日本小児保健協会会員 ,  日本公衆衛生看護学会員 ,  日本公衆衛生学会会員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る