研究者
J-GLOBAL ID:202101015874300773   更新日: 2022年09月25日

山本 正弘

ヤマモト マサヒロ | Yamamoto Masahiro
所属機関・部署:
論文 (41件):
  • 入澤 恵理子, 山本 正弘, 加藤 千明, 本岡 隆文, 伴 康俊. 沸騰硝酸溶液中のステンレス鋼腐食速度に及ぼすカチオンの再酸化反応速度の効果. Journal of Nuclear Science and Technology. 2019. 56. 4. 337-344
  • 青木 聡, 近藤 啓悦, 加治 芳行, 山本 正弘. 低炭素オーステナイトステンレス鋼のSCC発生感受性に及ぼす熱時効の影響. Proceedings of the 18th International Conference on Environmental Degradation of Materials in Nuclear Power Systems - Water Reactors, Vol.2. 2018. 663-672
  • 大内 和希, 音部 治幹, 北辻 章浩, 山本 正弘. 電気化学水晶子マイクロバランスを用いる弱酸性溶液中の還元反応に伴うウラン酸化物の析出の研究. ECS Transactions. 2017. 75. 27. 51-57
  • 加藤 千明, 石島 暖大, 上野 文義, 山本 正弘. 沸騰硝酸水溶液中におけるジルコニウムの陽極酸化に及ぼす結晶配向の影響. Journal of Nuclear Science and Technology. 2016. 53. 9. 1371-1379
  • 加藤 千明, 佐藤 智徳, 中野 純一, 上野 文義, 山岸 功, 山本 正弘. $\gamma$線照射下における希釈海水を含むゼオライト中ステンレス鋼の局部腐食挙動. 日本原子力学会和文論文誌. 2015. 14. 3. 181-188
もっと見る
MISC (41件):
  • 山本 正弘. すきま腐食現象におけるマルチフィジックス計算の重要性. 計算工学. 2020. 25. 3. 4105-4108
  • 山本 正弘. 腐食計算科学への志向と1F廃炉に関わる腐食対応、学会の意識改革推進. 材料と環境2020講演集(CD-ROM). 2020. 9-16
  • 大谷 恭平, 佐藤 智徳, 加治 芳行, 山本 正弘. 固液二相流中の金属材料の損傷および腐食に関する調査報告書. JAEA-Review 2019-007. 2019. 15
  • 山本 正弘, 佐藤 智徳, 五十嵐 誉廣, 上野 文義, 相馬 康孝. 高温高圧水中におけるステンレス鋼の腐食に及ぼすすきま内環境因子の影響. Proceedings of European Corrosion Congress 2017 (EUROCORR 2017) and 20th ICC \& Process Safety Congress 2017 (USB Flash Drive). 2018. 6
  • 山本 正弘, 相馬 康孝, 五十嵐 誉廣, 上野 文義. 高温水中でのSUS316L鋼の狭隘すきま内の物質移動. Proceedings of Annual Congress of the European Federation of corrosion (EUROCORR 2018) (USB Flash Drive). 2018. 7
もっと見る
講演・口頭発表等 (104件):
  • 計算科学手法を用いた金属腐食研究
    (2019年電気化学秋季大会)
  • セルラーオートマトン法を用いた粒界腐食モデリング,2
    (Annual Congress of the European Federation of Corrosion (EUROCORR 2019))
  • 気液交番環境における炭素鋼の腐食加速現象の研究,2; 鉄さび層の構造と加速機構
    (日本原子力学会2019年春の年会)
  • BWR模擬環境下における低炭素オーステナイトステンレス鋼長時間熱時効材の応力腐食割れ発生感受性および粒界の腐食挙動
    (Annual Congress of the European Federation of Corrosion (EUROCORR 2018))
  • 低炭素ステンレス鋼の長時間熱時効後の応力腐食割れ発生感受性
    (2018 Annual Meeting of the International Cooperative Group on Environmentally Assisted Cracking of Water Reactor Materials (ICG-EAC 2018))
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る