研究者
J-GLOBAL ID:202101018937712936   更新日: 2021年04月23日

谷口 奈々恵

タニグチ ナナエ | Taniguchi Nanae
所属機関・部署:
論文 (2件):
  • バービー人形の女性性と「モノ」性をめぐる一考察--『バービー・クロニクル』(1999)のエッセイを通じて. かたち・あそび: 日本人形玩具学会会誌. 2021. 31. 59-71
  • 19世紀フランス児童文学における「人形文学」の諸相--人形(poupée)と少女の関係性をめぐって. 表象遊戯学研究部会論集1. 2020. 10-17
MISC (6件):
  • [研究発表要旨]1990年代以降の英米圏における「人形研究(Dolls Studies)」の動向--ジェンダー、物質文化、児童文学の観点から. かたち・あそび : 日本人形玩具学会会誌. 2021. 31
  • “おにんぎょう”たちの密かな企み、その未知なる力について. 『「DOLLMAGE」”人形”を巡る美術展』ブックレット. 2021
  • [書籍紹介]今田絵里香『「少年」「少女」の誕生』(二〇〇九年). かたち・あそび : 日本人形玩具学会会誌. 2020. 30. 169-171
  • 19世紀フランスの「人形(poupée)」と少女--ジェンダー・ステレオタイプの観点から. REPRÉ. 2019. 36
  • [研究発表要旨]一九世紀フランスの少女教育における人形 --「室内空間」を中心に. かたち・あそび : 日本人形玩具学会会誌. 2018. 28
もっと見る
講演・口頭発表等 (2件):
  • 1990年代以降の英米圏における「人形研究(Dolls Studies)」の動向--ジェンダー、物質文化、児童文学の観点から
    (日本人形玩具学会 第2回若手研究者&創作家フォーラム 2020)
  • 19世紀フランスの少女教育における人形--室内空間を中心に
    (日本人形玩具学会 第29回総大会 2017)
学歴 (3件):
  • 2020 - 現在 東京大学 超域文化科学専攻 表象文化論コース 博士後期課程
  • 2016 - 2019 東京大学 超域文化科学専攻 表象文化論コース 修士課程
  • 2012 - 2016 慶應義塾大学 政治学科
経歴 (1件):
  • 2020/04 - 2023/03 独立行政法人日本学術振興会 特別研究員(DC1)
所属学会 (2件):
表象文化論学会 ,  日本人形玩具学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る