研究者
J-GLOBAL ID:202101020706331217   更新日: 2021年04月02日

高久 静香

タカク シズカ | Takaku Shizuka
所属機関・部署:
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2023 抗がん剤による末梢神経障害の成因解明と予防・緩和に向けたアプローチ
  • 2005 - 2006 1次感覚ニューロンにおけるb系列ガングリオシドの機能的役割
論文 (25件):
  • Naoko Niimi, Hideji Yako, Shizuka Takaku, Sookja K Chung, Kazunori Sango. Aldose Reductase and the Polyol Pathway in Schwann Cells: Old and New Problems. International journal of molecular sciences. 2021. 22. 3
  • Tatsufumi Murakami, Takeshi Yokoyama, Mineyuki Mizuguchi, Shigenobu Toné, Shizuka Takaku, Kazunori Sango, Hirotake Nishimura, Kazuhiko Watabe, Yoshihide Sunada. A low amyloidogenic E61K transthyretin mutation may cause familial amyloid polyneuropathy. Journal of neurochemistry. 2020
  • Shizuka Takaku, Kazunori Sango. Zonisamide enhances neurite outgrowth from adult rat dorsal root ganglion neurons, but not proliferation or migration of Schwann cells. Histochemistry and cell biology. 2020. 153. 3. 177-184
  • Tomoyo Akamine, Shizuka Takaku, Mari Suzuki, Naoko Niimi, Hideji Yako, Keiichiro Matoba, Daiji Kawanami, Kazunori Utsunomiya, Rimei Nishimura, Kazunori Sango. Glycolaldehyde induces sensory neuron death through activation of the c-Jun N-terminal kinase and p-38 MAP kinase pathways. Histochemistry and cell biology. 2020. 153. 2. 111-119
  • Hiroki Mizukami, Sho Osonoi, Shizuka Takaku, Shin-Ichiro Yamagishi, Saori Ogasawara, Kazunori Sango, Sookja Chung, Soroku Yagihashi. Role of glucosamine in development of diabetic neuropathy independent of the aldose reductase pathway. Brain communications. 2020. 2. 2. fcaa168
もっと見る
MISC (73件):
  • 三五 一憲, 高久 静香. オキサリプラチンの末梢神経障害に対するゾニサミドの保護作用 培養系を用いた検討. 末梢神経. 2020. 31. 2. 334-334
  • 八子 英司, 新見 直子, 加藤 文子, 高久 静香, 加藤 宏一, 三五 一憲. 神経障害 高グルコース・外因性ピルビン酸欠乏環境下における、ベンフォチアミンのシュワン細胞死抑制メカニズムの検証. 糖尿病合併症. 2020. 34. Suppl.1. 210-210
  • 高久 静香, 三五 一憲. 抗がん剤オキサリプラチンで誘発された末梢神経障害に対するゾニサミドの保護作用 培養ニューロン・シュワン細胞を用いた解析. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2020. 93回. [P-628]
  • 三五一憲, 高久静香. オキサリプラチンの末梢神経障害に対するゾニサミドの保護作用-培養系を用いた検討-. 日本末梢神経学会学術集会プログラム・抄録. 2020. 31st
  • 村上 龍文, 刀祢 重信, 三五 一憲, 高久 静香, 水口 峰之, 砂田 芳秀. 家族性アミロイドポリニューロパチーTTR E61Kの神経変性機序の研究 神経細胞障害の検討. 末梢神経. 2019. 30. 2. 274-274
もっと見る
所属学会 (2件):
日本糖質学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る