研課題
J-GLOBAL ID:202104000170872899  研究課題コード:10101791

積層化した木質バイオマス燃料を用いた園芸農業用高効率燃焼炉の開発

実施期間:2010 - 2010
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , その他部局等, 准教授 )
研究概要:
作物の生育補償や生育促進のために二酸化炭素ガスを肥料として供給する栽培技術が存在し、近代的な園芸農業では欠くことができない。今回提案している燃焼炉は、狭小流路を上下方向に各層に設け、内部に積層化したバイオマス燃料を投入し、下方から空気を流して燃焼させるものである。実験では、バイオマスの燃焼が低空気過剰率で行われかつ、火格子上の燃焼残渣が少なくなる条件を探り、さらに本装置の温室適用の検討を行った。その結果、燃焼炉内に供給する空気量を変化させることによって燃焼速度および燃焼炉内の温度を精密に制御できることが確認された。今後は燃焼制御に加えて、発生する二酸化炭素等の生成物についても詳細に調査していく方針である。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る