研課題
J-GLOBAL ID:202104000226193191  研究課題コード:11101895

再生医療を目指したネコ多能性幹細胞の培養技術の開発

実施期間:2011 - 2011
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 大学院生命環境科学研究科, 助教 )
研究概要:
本研究では、ネコES細胞およびiPS細胞の培養条件の検討を行った。ネコ胎子線維芽細胞に、マウスOCT3/4、SOX2、KLF4、c-MYCの4遺伝子を導入し FBS含有ヒトES細胞培地を用いて培養したところ、1つのネコiPS様細胞株が樹立された。さらにネコLIFの作製を大腸菌で行い、大腸菌破砕物および精製物のSDS-PAGEによって、目的タンパク質の予想分子量である70kDa付近にバンドが確認された。また、樹立されたネコiPS様細胞は、現在44代まで継代できており、形態的特徴もヒトiPS細胞に類似していた。さらに、これらの細胞は、アルカリフォスファターゼ染色に陽性であり、ガラス化法による凍結保存が可能であった。今後は、作製したネコLIFを精製し培地に加えることで、ネコES・iPS細胞の培養効率をさらに高める予定である。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る