研課題
J-GLOBAL ID:202104000263577366  研究課題コード:7700006326

適応変調を用いたパケット伝送方法

実施期間:2006 - 2006
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , しくみ領域, 教授 )
研究概要:
移動無線通信、無線LAN などの分野ではマルチメディア通信の普及により、ますますの高速化、高信頼度化の需要が高まっている。しかし、無線通信では伝播路環境が頻繁に変化し、劣悪な通信路環境においても高品質通信の確立が必要である。一方、高速で高信頼度通信を実現する技術として、現在まで誤り訂正符号化Hybrid ARQ 方式が多数提案されて来たが、誤り訂正符号による伝送効率の低下や、送受信機計算処理の増大が欠陥となっていた。これらを解決する手段として本研究課題では、従来のHybrid ARQ 方式に比べ簡易な構成で、大幅にスループット特性(処理能力)の改善が得られる、新規なMIMO 固有モード伝送を用いたパケット合成Hybrid ARQ 方式を実現する。
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る