研課題
J-GLOBAL ID:202104000293719920  研究課題コード:7700004802

微生物捕集デバイスへの応用を目指した集束陽子線描画による三次元微細構造体の開発

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学部, 准教授 )
研究概要:
集束陽子線描画(Proton Beam Writing、PBW)による微生物捕集デバイスへの三次元微細構造体の導入により、高効率化の可能性を見出した。本研究開発は、低コストかつ高効率な微生物捕集デバイスの実現のため、PBWを用いた三次元微細構造体の開発と応用を目的とする。病原性大腸菌による食中毒の予防やウイルスによる疾病予防の観点から、PBWによる微細加工技術の微生物濃縮デバイスへの応用を狙う。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る