研課題
J-GLOBAL ID:202104000318946226  研究課題コード:09154518

接着制御シグナルの破綻と自己免疫疾患

体系的課題番号:JPMJCR09J4
実施期間:2009 - 2014
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 附属生命医学研究所 )
研究概要:
免疫細胞の全身性の移動制御は、異物侵入を監視する免疫機能に重要な働きをしています。私たちは、免疫細胞の動態を制御するRap1シグナル伝達機構を発見し、そのメカニズムを明らかにしてきましたが、その破綻が、多臓器の自己免疫病につながることを見出しました。本研究は、自己寛容における免疫動態制御シグナルが果たす機能と制御を明らかにして、新たな自己免疫発症機構を提示し、難治性自己免疫疾患との関連を明らかにします。
研究制度:
上位研究課題: アレルギー疾患・自己免疫疾患などの発症機構と治療技術
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る