研課題
J-GLOBAL ID:202104000320826793  研究課題コード:09157847

遺伝子治療用プラスミドDNA精製装置の開発

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学部, 助教 )
研究概要:
近年、先天性疾患等に対する遺伝子治療法の開発が活発に行われるようになっており、それに伴い医療品純度のプラスミドDNAを大量生産するのに適した産業レベルでの分離・精製法の開発が求められている。本研究では、スケールアップが可能なプラスミドDNAの精製および濃縮法としてアフィニティ膜濾過法に着目し、プラスミドDNAと親和性のあるリガンドと分離膜とを利用して微生物から高純度のプラスミドDNAを得る、一連のプラスミドDNA精製プロセスを構築し、装置開発を行う。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る