研課題
J-GLOBAL ID:202104000469372990  研究課題コード:08062797

自然免疫反応におけるシェディングの役割と制御機構

体系的課題番号:JPMJPR08K7
実施期間:2008 - 2012
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 医科学研究所, 日本学術振興会特別研究員 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR08K7
研究概要:
シェディングは細胞膜貫通型の蛋白質を細胞外の膜近傍で切断し細胞外領域を可溶化する翻訳後修飾機構であり、切断される膜蛋白質のみならずそれを発現する細胞の機能をも制御する事ができる極めて有効な分子機構です。本研究では、プロテオミクス技術を用いたバイアスをかけないスクリーニングを生理的な条件下でおこるシェディングに適用する事で、シェディングの新たな生理的役割や制御機構を明らかにする事を目指します。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 生命システムの動作原理と基盤技術
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る