研課題
J-GLOBAL ID:202104000500515699  研究課題コード:11101682

マルソウダガツオの高鮮度保持流通システムの確立を目指した検証

実施期間:2011 - 2011
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 地域連携機構, 講師 )
研究概要:
本事業では高知県が全国で最も水揚げしているマルソウダガツオを生食可能な状態(刺身)で流通するシステムの構築を目的に、スラリーアイス等の保冷氷を用いたときの鮮度の経時変化を調べた。その結果、漁獲直後から塩分濃度を調整したスラリーアイスにて冷却保存を行うことで、24時間以降でも刺身として食する鮮度であることが定量的に確認できた。これにより、鮮度劣化が速いため暗黙知的にこれまで水揚げされた地域のみでしか食することが出来ないと言われていたマルソウダガツオを、全国流通可能な生鮮魚として展開できる。今後も高知県中土佐町を中心にした産官学連携を図り、本流通システムの具現化に向けた取り組みを行う。
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る