研課題
J-GLOBAL ID:202104000537011933  研究課題コード:7700108177

カオス符号分割多元接続通信用チップ

実施期間:2000 -
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 主任研究官 )
研究概要:
カオス理論を符号分割多元接続(CDMA)通信システムに導入した通信チップの開発を行う。通信の信頼性向上や回線数の拡大が可能となる。次世代携帯電話端末用チップセットなど、通信分野への利用が期待される。
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る