研課題
J-GLOBAL ID:202104000645298157  研究課題コード:07051438

コヒーレント・ラマン内視分光鏡による生体組織のin vivo計測

体系的課題番号:JPMJPR07E5
実施期間:2007 - 2010
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院理学系研究科, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR07E5
研究概要:
ラマン分光法は、非染色・非侵襲で生体の観察を可能とするため、分子レベルでの生細胞分析や病理診断など、生命科学・医学双方に大きなブレイクスルーを創出することが期待されます。本研究では、ラマン散乱光を増強するコヒーレント・ラマン分光法を利用することで、薬剤や病変等による生体組織の構造変化をin vivo、in situで高速に可視化できる、まったく新しいコヒーレント・ラマン内視分光鏡を開発します。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 生命現象と計測分析
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る