研課題
J-GLOBAL ID:202104000703679794  研究課題コード:13410370

農産加工廃棄物カボチャ種子油由来の前立腺肥大予防物質の探索と応用

実施期間:2013 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , (連合)農学研究科(研究院), 講師 )
研究概要:
テストステロン5α-還元酵素阻害活性を指標とし、西洋カボチャ(Cucurbita maxima)種子由来の前立腺肥大予防物質の探索を行った。その結果、5α-還元酵素阻害活性化合物として(+)- ピノレシノールが単離された。本化合物のインビトロにおける5α-還元酵素阻害活性は、5.5 mMで40%であった。(+)-ピノレシノールが5α-還元酵素阻害活性を示すことは、本研究において初めて明らかにされた。しかし、他のフラクションにも阻害活性が認められたため、西洋カボチャには複数の阻害活性化合物の存在が推測された。また、5α-還元酵素阻害成分は、エタノールにより効果的に抽出されることが明らかとなった。本結果は、西洋カボチャ種子を健康食品として開発するうえで重要な知見となりうる。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る