研課題
J-GLOBAL ID:202104000760377524  研究課題コード:08003906

臨界期機構の脳内イメージングによる解析と統合的解明

体系的課題番号:JPMJCR04K5
実施期間:2004 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 脳科学総合研究センター )
研究概要:
発達脳における学習のメカニズムを理解するためには、発達期神経回路網の可塑性に関する知識、脳の種々の機能発達における臨界期(感受性期)の正確な理解と臨界期が終了するメカニズムの解明が必要です。本研究では新しい方法を使い、生きている脳で臨界期の終了過程に生じる神経回路の再編成過程を可視化することを目指します。これによって、発達脳の学習メカニズム、さらには成人における学習促進方策の解明が期待されます。
研究制度:
上位研究課題: 脳の機能発達と学習メカニズムの解明
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構
報告書等:

前のページに戻る