研課題
J-GLOBAL ID:202104000926596416  研究課題コード:7700006546

低分子ケミカルシャペロン化合物を用いたパーキンソン病治療薬の開発

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 薬学部 )
研究概要:
パーキンソン病(PD)では、タンパク質が異常に凝集・蓄積し、結果的に神経細胞を死に導くものと考えられている。本研究では、低分子ケミカルシャペロン化合物として4-フェニル酪酸を用いて、そのドパミン神経細胞保護作用について、細胞培養系およびモデル動物実験系を統合的に解析することにより、従来のPD治療薬とは違う作用メカニズムからアプローチする新規なPD治療薬の開発を目指す。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る