研課題
J-GLOBAL ID:202104001028275782  研究課題コード:08000510

生体情報を活用するセンサネットワーク防犯システムの開発研究

実施期間:2007 - 2007
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , ソフトウェア情報学部 )
研究概要:
日常生活において強盗などの凶悪犯に襲われた場合、普通の人は極度の緊張に見舞われ、とっさに防犯ベルを押す等の行動を取るのは難しい。また、防犯ベルを押す等の行動が犯人に知られると報復を招く恐れがある。本研究は、このような問題を解決するものであり、1人間に超小型の脈波センサを取り付け、2脈波の変化から人の緊張度を検出し、3検出情報をセンサネットワークで通信して外部に異常状態を伝えるシステムを開発することを目指す。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る