研課題
J-GLOBAL ID:202104001211960192  研究課題コード:08068561

鉄ニクタイド系における新規超伝導体の探索と線材化に関する研究

実施期間:2008 - 2011
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 )
研究概要:
層状鉄ニクタイド系、層状鉄セレナイド系を中心に、合成・新物質探索研究と線材化基盤研究を有機的に連携させます。合成・新物質探索に関しては、高圧合成、ソフト化学合成など、本研究グループが有する卓越した合成技術を活用して、系統的かつ組織的な研究を行い、新規超伝導体の発見とTcの一層の向上を目指します。特に新たなブロック層の開発とその挿入頻度をコントロールすることによる高次構造相の探索・開発に注力し、世界をリードする新超伝導体発掘研究を推進します。また、既知超伝導体および本研究により得られる新規超伝導体について、高品質の多結晶試料や単結晶試料を作成して、線材化基盤研究やその他の物性研究などの進展を図ります。線材化基盤研究に関してはパウダー・イン・チューブ(PIT)法により短尺線材の試作を通じて、粒内に流れる局所的臨界電流密度、ならびに粒間に流れるグローバルな臨界電流密度、上部臨界磁場、不可逆磁場、異方性、粒間結合の強さなどの諸特性を詳細に調べます。そして、これらの諸特性と線材の微細組織との関係を調査し、本格的な線材化のための基礎データを取得します。また、線材化を考えた場合に障害となりうる因子に対しては、それを改善する方策を検討します。さらに、線材化の観点からの超伝導物質の評価を行い、その結果を合成・探索研究にフィードバックすることで、応用を見据えた超伝導物質開発研究を推進します。
研究制度:
上位研究課題: 新規材料による高温超伝導基盤技術
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る