研課題
J-GLOBAL ID:202104001255189116  研究課題コード:20343782

小さい温度差のみで駆動可能な水素吸蔵合金アクチュエータの基本特性の解明

体系的課題番号:JPMJTM20A0
実施期間:2020 - 2021
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 研究開発部 )
研究概要:
数度の温度差から駆動力を発生するCO2フリーな水素吸蔵合金アクチュエータの入力熱と駆動力の基本特性を明らかにする。現在の温度差エネルギーから駆動力への変換技術では40°C以上の温度差が無いと実効的利用に乏しい。それに対し、水素吸蔵合金アクチュエータは10°C程度の温度差で駆動力を得られることを実験で確認したが、入力熱が水素吸蔵合金に伝わり水素を吸蔵放出する過程の動的熱移動が定量的に不明確でモデル化が必要とされる。本研究では日射量を入力熱と仮定し、室内で人工白色光を当該アクチュエータに照射し、照射量500W/m2で数分後に動作開始を目標に、低環境負荷につながる温度差から駆動力を得る技術を具現化する。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る