研課題
J-GLOBAL ID:202104001260187849  研究課題コード:09156442

神経膠芽腫浸潤に対する新たな分子標的としてのGEP100の機能検証

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 医学部 )
研究概要:
細胞の浸潤能の獲得には様々な分子が関与しており、治療法を発展させるためには浸潤に特異的に関与する分子メカニズムの解析が必須である。神経膠芽腫は浸潤性が高い悪性脳腫瘍であり、これに対する過剰発現が確認されているEGFR(Epithelial Growth Factor Receptor)は、すでに分子標的として臨床応用され始めている。浸潤メカニズムには未だ不明な点が多いが、本代表研究者はEGFRを介した乳癌の浸潤能獲得においてGEP100がEGFRと結合して機能する分子メカニズムの一端を解明した。本研究では、このメカニズムが神経膠芽腫においても機能しているかを分子生物学的に検証する。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る