研課題
J-GLOBAL ID:202104001484018287  研究課題コード:7700108204

独自の非侵襲可視化技術を用いた生体内シグナルの動態解析試薬等の開発

実施期間:2004 -
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 教授 )
研究概要:
分子内FRET(蛍光共鳴エネルギー移動)や蛋白質スプライシングを用いた、汎用性の高い蛋白質性の分子イメージングプローブ作成技術により、細胞内での蛋白質相互作用検出試薬の開発、細胞内情報伝達物質の可視化プローブの開発、in vivo(体内の)スクリーニング用トランスジェニック動物の開発を行う。本技術は一般研究試薬から創薬スクリーニング用のツールまで幅広い応用が可能で、創薬研究における基盤技術となることが期待できる。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る