研課題
J-GLOBAL ID:202104001485270206  研究課題コード:11101142

材料表面を簡便に化学的機能化する新規塗布型合成高分子の開発

実施期間:2011 - 2011
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 工学研究科 )
研究概要:
本研究では、塗ることでプラスチック材料表面に反応点を安定的に提示可能な機能性高分子の開発を行った。高分子の基本骨格はポリメタクリル酸メチルとし、高分子塗布の仕方は最も実用的なディップコートを用い、高分子中のアミノ基を効率的にアクリル板表面に提示させることを目指した。その結果、アミノ基をフリー(保護基無し)で高分子に導入した場合、各種保護基で保護した場合とで、表面に提示されるアミノ基量に大きな違いが生じた。このことは、特定の工夫を施すことでアミノ基が高分子-空気界面に配向しやすくなるためと考えられる。また本研究により、表面アミノ基の定量のための新たな機能を有する蛍光試薬を開発した。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る