研課題
J-GLOBAL ID:202104001485785362  研究課題コード:11101793

マイクロ流体による物質の多層化と細胞への送達による評価

実施期間:2011 - 2011
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , その他部局等, 特別研究員 )
研究概要:
本研究を行うにあたり、「大きさ均一化による薬物送達効率の変化」と、さらに「多層化による効果」の二段階に分けて評価を行った。その結果、前者の検討では、確かに大きさ均一化することで薬物送達効率が上がることを確認できただけでなく、比較対象の市販試薬や従来法と比べ、添加DNA量が変化したときの送達効率変化特性の違いという結果が得られた。後者の検討からは、二層化するという手法自体の有効性は確認できたものの、一層目と二層目を構成する脂質の種類の組み合わせによって入れ替わりが生じているのではないかと推察される結果となった。
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る