研課題
J-GLOBAL ID:202104001497948348  研究課題コード:09156900

高純度アルギニン特異的蛋白分解酵素の量産系の開発

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 医学部, 講師 )
研究概要:
Clostridium histolyticumのクロストリパイン(CloSI)は、アルギニンを認識して、タンパクを切断する特異性の高いプロテアーゼである。ペプチド解析や生理活性ペプチドの合成(マルチマー合成法における酵素切断)に利用されると共に、逆反応を用いた人工アミノ酸導入やバイオミメティック材料の合成にも応用される。市販されているが、純度や供給能力には問題があり、質的量的な改善を要する。我々が開発したClostridiumの組換えタンパク質発現系を用いて本酵素を高純度で大量、かつ簡便に得る技術を開発する。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る