研課題
J-GLOBAL ID:202104001628838985  研究課題コード:11103816

FCS測定を応用した超高感度蛍光1分子サイズ判定法の開発

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 機能材料担当 )
研究概要:
微量のサンプル中の蛍光分子を超高感度に検出する蛍光相関分光(FCS)測定装置を応用した1分子検出技術の展開として、オリゴマー核酸程度を対象とした分子サイズの違いを判定するための研究開発を実施した。これまでに、FCS測定装置の共焦点光学系および測定条件を検討し10-10M以下の低濃度で蛍光分子がμmサイズの微小観察空間を通過する時系列情報を測定し、ノイズを極限にまで低減した計測条件を確立した。次に蛍光ラベルした異なるサイズのオリゴマー核酸を調製し、1分子蛍光測定の改良、新しいデータ解析手法と独自のプログラムを開発したことで10ピコMレベルでも分子サイズ判定が可能となった。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る