研課題
J-GLOBAL ID:202104001761812328  研究課題コード:10102301

LED波長を利用した宿根性花卉の工業的生産技術の開発~リンドウをモデルとして~

実施期間:2010 - 2010
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 細胞工学研究部, 研究員 )
研究概要:
本研究では、宿根性花卉の人為的な開花期制御を目指し、リンドウをモデルに越冬芽の萌芽期及び栄養成長を制御する技術開発を目標とした。LEDを用いた単色光照射により、越冬芽の萌芽が赤色光では促進され、遠赤色光では遅延することを見出した。本効果に品種間差は殆ど見られず、培養物においても同様の効果が観察された。さらに、赤色光を適度な光度で照射することにより、リンドウの栄養成長が促進されることを明らかにした。今後、LED照明の改善により、これまで不可能であった宿根性花卉の開花期を自在に調節する新たな栽培法の確立が期待できる。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る