研課題
J-GLOBAL ID:202104001909437211  研究課題コード:09156489

大腸菌を用いた抗ガン剤生産と酵素を用いた高活性誘導体合成法の開発

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 理学研究院, 教授 )
研究概要:
研究者らが開発した発現カセット法を用いて、最近上市されたが量的供給に問題のある抗腫瘍性物質エクテナサイジン合成中間体の大腸菌による大量供給法を検討する。またごく最近我々は単純なアミノ酸とペプチドから、一挙にサフラマイシン骨格合成を行う酵素(SfmC)を見出したが、これを用いてこれまで十分検討されていないエクテナサイジン型誘導体の合成を行い、構造が単純ながらより高活性の誘導体を見出す。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る