研課題
J-GLOBAL ID:202104001922419427  研究課題コード:09157855

焼却炉飛灰の無害化とその副産物の再利用法の開発

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 理工学部, 教授 )
研究概要:
家庭用ごみの焼却炉から排出される飛灰は有害金属や有機ハロゲン化合物を含むので、その処理が社会問題となっている。飛灰に硫黄と消石灰を加えると飛灰中の有機ハロゲン化合物は分解され重金属は固定化される。その副産物である上澄み液は再び他の飛灰処理剤として利用可能である。本応募課題では、1飛灰中の重金属およびPCBやダイオキシンの最適固定化及び分解法の開発、2飛灰処理上澄み液による別の飛灰の無害化のための再利用について、実用化を図ることである。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る