研課題
J-GLOBAL ID:202104001996237819  研究課題コード:10101971

電源回路に特化した設計ツールの開発とその高周波数電源開発への応用

実施期間:2010 - 2010
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 融合科学研究科, 助教 )
研究概要:
本研究では, 高周波数・大振幅電流用の磁性素子を自動的に最適化設計するアルゴリズムを開発した. さらに, そのアルゴリズムを電源回路の設計ツールの中に組み込み, 回路の所望の電力変換効率を保証したうえで, 設計仕様を満足させる最適設計ソフトウェアを開発した. ソフトウェアの実機実証例として高周波数電源をターゲットにした回路構成を提案し, 3.5MHz, 50W出力の回路を設計, 試作し評価を行った結果, 94%の電力変換効率を達成した. 当初目標にあった, 13.56MHz, 100W出力での設計・実験は現在継続中であるが, 予備実験の結果から従来の電力変換効率を大幅に改善できる増幅器を開発できると考えている.
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る