研課題
J-GLOBAL ID:202104002167688877  研究課題コード:09158044

精子幹細胞による疾患モデルラットの作成へ向けたラット系統の検討

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 医学研究科 )
研究概要:
遺伝子改変動物は従来、卵子・初期胚を使った技術が中心に使われきたが、マウス以外の種では排卵数が少ないことやES細胞を用いた技術が使えないことから、実用的でない。研究代表者らは精子幹細胞の長期培養系を用いて遺伝子ノックアウト個体の作成に成功し、次の目標としてラットへの技術展開を目指している。本研究は様々なラット系統について精子幹細胞培養や移植の効率を比較し、遺伝子改変個体作成に適した系統を検索する。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る