研課題
J-GLOBAL ID:202104002343011080  研究課題コード:12101763

分光複屈折位相差断層イメージングによる生体成分の高精度定量化技術

実施期間:2012 - 2013
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 工学部知能機械システム工学科, 教授 )
研究概要:
提案する結像型2次元フーリエ分光光学系に偏光板を導入して、分光複屈折位相差断層イメージング装置を構築した。サンプルに分光複屈折位相差が既知である波長板を用いて、可視光領域での評価実験を行った。位相シフトにより変化する物体光偏光の1方向電界成分のみが検光子により透過されることにより、サンプルにより与えられた複屈折位相差量が、干渉強度変化の初期位相差として計測された。広帯域光源を用いているため、各波長の干渉強度変化がインターフェログラムと呼ばれる1つの信号として取得できた。これをフーリエ変換することにより、振幅項から分光強度、位相項から分光複屈折位相差量を同時取得することができた。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る