研課題
J-GLOBAL ID:202104002343880950  研究課題コード:08001019

高性能応答特性を有するインパルス高電圧測定システムの開発

実施期間:2007 - 2007
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 工学部, 准教授 )
研究概要:
インパルス高電圧測定システムの応答特性は、測定システムの大きさに比例して悪化することが知られているが、国際電気標準会議(IEC)規格は測定対象電圧や測定システムの大きさに無関係に、満たすべき応答特性を規定している。このため、高さ3 m 以上にもなる500~1000 kV 級電圧の測定システムも、例えば、20 ns の部分応答時間(立上り時間の約半分)を満たすことを要求している。本試験研究においては、自作した時間領域有限差分(FDTD)法に基づく電磁界解析プログラムを用いて、IEC の定める厳しい規格を満たす500~1000 kV 級雷インパルス電圧測定システムを設計し、プロトタイプ測定システムの試作を行う。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る