研課題
J-GLOBAL ID:202104002358795789  研究課題コード:11104122

新規合成した白金4価錯体の有機EL素子発光材料としての応用

実施期間:2011 - 2012
実施機関 (1件):
研究責任者: ( , 環境保全センター, 教授 )
研究概要:
本研究課題は、新規に合成した白金4価錯体を有機EL素子発光材料として応用することを目標として、配位子の異なる複数の白金4価錯体の合成し、発光特性の評価を行った。以前に合成した白金4価錯体に対して配位子交換により新たな白金錯体の合成を試みたところ、4種類の白金4価錯体を合成することができた。続いて、合成した白金4価錯体の発光特性の評価を行ったところ、いずれも低温において400~420nmに極大を有する極短波のりん光が観測されたが、室温での発光は認められなかった。理論計算の結果、熱失活が原因であることが示唆されたことから、今後、交換配位子の再設計により問題の解決を図る予定である。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る