研課題
J-GLOBAL ID:202104002400782897  研究課題コード:09157552

天然植物からの有用成分高効率抽出技術の研究開発

実施期間:2009 - 2009
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 機械電子研究所, 研究員 )
研究概要:
天然植物からの有用成分抽出方法として、90°C以上の熱水溶媒中で破砕攪拌抽出する方法が一般的であるが、有用成分が酸化変質し、目的外成分も同時抽出されるで、抽出率が40~50%と低い。本研究では細胞膜内外に人工的浸透圧差を起こし、温度制御された溶媒を膜内外に往復通過させることにより、抽出率を80%以上に高めることを目指す。なお人工的浸透圧は溶媒の衝突エネルギーが圧力エネルギーに変換する水撃作用(特許出願中)を利用する。
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る