研課題
J-GLOBAL ID:202104002403342626  研究課題コード:7700002239

視覚系をモデルとした、情報処理の基盤をなす神経回路の解析

体系的課題番号:JPMJPR08GB
実施期間:2008 - 2010
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 環境医学研究所, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR08GB
研究概要:
本研究では、遺伝子改変マウスと電気生理学的手法を組み合わせた実験を行い、大脳皮質でみられる情報処理がどのような神経回路により行なわれているかを明らかにします。また、固有の感覚入力を失った感覚野が、他の感覚の情報処理に参加し、失われた感覚機能を代償することが知られていますが、効率よく機能を回復する方法とその仕組みを調べます。以上の解析による成果はBMIや神経リハビリテーション法の開発への応用が期待されます。
タイトルに関連する用語 (6件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 脳情報の解読と制御
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る