研課題
J-GLOBAL ID:202104002543068567  研究課題コード:10101512

世界標準をめざした光学的二酸化炭素自動測器の実用化開発

体系的課題番号:JPMJSN10C4
実施期間:2010 - 2012
実施機関 (1件):
企業責任者:
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJSN10C4
研究概要:
温室効果ガスのモニタリングは大気のサンプリング・非分散型の赤外吸収測定という化学的な分析であり、システムは複雑で標準ガスやその輸送コストは大きくなります。そのため発展途上国や輸送体制の整わない場所での観測が実現できていません。本測定装置は太陽光を光ファイバーで干渉計に導入し、その信号から大気中の二酸化炭素濃度を測定するという物理的な測定であり、低価格であり標準ガスを必要としないものです。この測器を商品化できれば、観測網を飛躍的に拡充し、温暖化問題に大きく貢献することが期待されます。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る