研課題
J-GLOBAL ID:202104002619414621  研究課題コード:08003157

ゲノム初期化因子の簡易スクリーニング法の開発研究

実施期間:2007 - 2007
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 理工学部, 教授 )
研究概要:
成体の体から採取した細胞を初期化し、発生初期の胚性の細胞へ戻すことができれば、自分のES細胞を作り出すことが可能となる。この技術を確立するためには、成体細胞の核に含まれるゲノムを初期状態に戻す働きをする初期化因子が必須である。本研究では、かかる初期化因子の簡易スクリーニング法の開発のため、ゲノムの初期化状態を検出する遺伝子の作製、及び試験管内(in vitro)検出法の確立・検証を行なう。
研究制度:
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る