研課題
J-GLOBAL ID:202104002662629798  研究課題コード:16817616

実際の造型過程を考慮した形状最適化

体系的課題番号:JPMJPR16UK
実施期間:2016 - 2017
実施機関 (1件):
研究代表者: ( , 大学院情報理工学系研究科, 大学院生(修士課程) )
研究概要:
ものづくりを取り巻く環境は近年大きく変動しています。それは学術研究においても例外ではなく、ものづくりを対象とした研究が近年たくさん行われるようになりました。しかし、そのような研究は造形結果の性能を最適化するものがほとんどであり、実際の造形過程の手間はあまり考慮されていません。そこで、私の研究では、実際の造形を行う際の手間も考慮することで、造形過程まで含めて、ものづくり全体として最適化を行います。
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した研究課題タイトルの用語をもとにしたキーワードです
研究制度:
上位研究課題: 情報と未来
研究所管機関:
国立研究開発法人科学技術振興機構

前のページに戻る